Instagramで育児マンガ連載中!

男性も育休を取得しよう!読みたい記事10選【1年経験者が書く】

男性も育休を取得しよう!読みたい記事10選

育休を1年8か月取得した、とよクマ(@toyo_kuma)です。

男性の育休取得率は、わずか5%

その中の1割しか、1年の育休を取得していません。

とよクマ

計算すると、1000人/5人 の計算ですね(汗)
司法試験より難しい確率ですね…

母ナツ

そんな時代ではありますが、男性の育休義務化やパタハラが話題になっています。

「男性でも、育休が欲しい!」

「子育ての時間を大事にしたい!」

そんな方に向けて、男性育休の記事を書きました。

とよクマ

こちらのページは、まとめ記事です!
くわしくは、各記事をご一読ください♪

母ナツ

男性育休制度の基本を学ぼう

男性の育休のイメージ写真

男性の育休制度をわかりやすく解説 では、

  • 育休の取得方法
  • 期間や給付金などの基本情報
  • メリットデメリット
  • 拒まれた場合の対処方法

など、基本的な情報を解説しています。

とよクマ

まずは、こちらからご一読ください!
男性の育休のイメージ写真 男性の育休をわかりやすく解説【経験者が書く!】パパ必見!

育休中に節約と貯金をしよう

貯金と節約の方法・コツ15選

貯金と節約の方法・コツ15選 では、育休中の節約と貯金に特化した方法を解説しています。

育休中は、国から給付金が支給されますが、

  • お給料の67%(180日まで)
  • お給料の50%(181日~最後)

と、お給料より金額が減ってしまいます。

そんなピンチな状況でも、赤字で貯金を減らさないように、家計を見直しましょう!

とよクマ

育休中に貯金をつかうのは、絶対に避けましょう!
子どもが生まれる前に、家計の見直しは必須ですっ!

母ナツ

育休中にお金が減らなければ、復職後は貯金ができます。

子どものためにも、しっかりと教育費を貯められる家計にしましょう!

貯金と節約の方法・コツ15選 貯金と節約の方法・コツ15選【家計を見直し】育休中の生活費をやりくり

育休・産休中に資格取得おすすめ10選

育休・産休中に資格取得

育休・産休中に資格取得おすすめ10選 では、通信講座を利用しての勉強をご提案しています。

育休は3ヶ月までが一番大変な時期で、半年を過ぎると少しずつ余裕が出てきます。

半年間、短期集中で勉強すると、資格取得やスキルアップに大きな効果が期待できます。

おススメの資格やスキルの講座は、すべて体験無料や資料請求無料のサービスです!

とよクマ

じっくりと検討して、無料の体験も受けつつ…
自分に合った資格や、必要なスキルをチョイスしましょう♪

母ナツ

育休・産休中に資格取得 育休・産休中に資格取得【おすすめ10選】在宅の通信講座でスキルアップ!

育休中に転職を成功させよう!

育休中に転職の図

育休中に転職を成功させよう!【元採用担当監修】 は、育休中の転職活動についての特集記事です。

円満退職で収入アップを目指します!

  1. (育休中にスキルアップしておく)
  2. 育休中から転職活動をはじめ(育休半年頃)
  3. まずは情報を収集
  4. 育児休業給付金を最後までもらい
  5. 保育園決定
  6. すぐに退職だとイメージが悪いので復職
  7. 本格的な転職活動開始(復職3ヶ月ごろ)
  8. 半年をめどに退職
  9. 新しい職場で業務開始

が、もっともスムーズかつ効率的な転職の流れです。

とよクマ

実際に育休を取得した経験と、採用担当の経験から、転職に役立つ記事を書きました!
転職でライフワークバランスの向上と、収入がアップを目指しましょう!

母ナツ

育休中に転職の図 育休中に転職を成功させよう!【元採用担当監修】収入アップと円満退職を目指す!

育休中にできる副業5選

育休中に副業

育休中にできる副業5選 では、 在宅の副業を5つ、ジャンル別に紹介しています。

子どもが生まれると、教育費の貯金が始まります。

空いた時間にできる副業で、少しでも子どものために貯金をしておきましょう!

副業を始める前に、知っておきたい基本情報も解説しています。

  • 給付金は減らないのか?
  • 確定申告は必要なのか?
  • 職場にバレないのか?

などなど、ご一読いただけると、ひととおり育休中の副業について学べます。

育休中に副業 育休中にできる副業5選【在宅】と知っておきたいポイント【登録無料】

新生児の子育てグッズ10選!パパがママに用意

新生児の子育てグッズ10選の図

新生児の子育てグッズ10選では、パパがママに用意したい、ママと赤ちゃんに役立つアイテムをご紹介しています。

とよクマ

すべて、ぼくたちが使用したグッズです!
その中でも、特に役立つ10選を厳選してご紹介しました♪

母ナツ

育休中のママは、とっても大変です。

そんなママのストレスを、少しでもフリーにするためにパパが一肌脱ぎましょう!

赤ちゃんはママが大好きで、パパはママの代わりにはなれません。

ですが、ママの心と身体のバランスは、パパにかかっています!

新生児の子育てグッズ10選の図 新生児の子育てグッズ10選【便利なおすすめリスト】パパがママに用意

フリーランスでも育休!育児休業給付金をもらう!

フリーランスでも育休!育児休業給付金をもらう!【自営業、個人事業主必読】

では、工夫で育児休業給付金を受け取る方法を解説しています。

今現在フリーランスでも、雇用されることで雇用保険に加入できます。

  • 親が個人事業主を開業
  • 配偶者が法人を設立

で、合法的に育児休業給付金がもらえます。

フリーランスでも育休!育児休業給付金をもらう!【自営業、個人事業主必読】

パパのリアルな育休中の生活

男性も育休を取得しようの図

パパの育休生活【1年取得】 は、実体験に基づいたリアルな体験談です。

最初の1ヶ月が一番大変時期で、熟睡できる時間もありません。

体験者にしかわからない、産前~1年の流れをレポートしています。

また、育休の制度を、よりわかりやすく解説しました。

パパの育休生活【1年取得】&わかりやすく制度を解説【経験者が書く!】

夫に育休を取得してもらおう

夫に育休を取らせる

夫に育休を取得してもらう方法 は、奥様に読んでもらいたい記事です。

デキる夫になるための、

  • 家事チェックリスト
  • 育児チェックリスト

は、育休前に必須の準備、スキルを解説しています。

夫婦で協力しながら、パパスキルを身に着けてもらいましょう!

また、奥様に読んでもらいたい、男性育休制度の基本情報をまとめました。

とよクマ

ご主人が会社に育休を申し出る前に、読んでほしい記事です!
男性がこれを読めば、今日からイクメンですっ!

母ナツ

夫に育休を取らせる 夫に育休を取得してもらう方法【リアルな体験談】経験者が書く!

育休中でも働ける半育休

育休中でも、10日の80時間以内であれば、職場で働けます。

半育休で、ちょっと働きながら育休を1年取得する では、新しい育休のスタイルをご提案しています。

仮に月10日(1日8時間)働いたとしても、1/3は育休で休暇となります。

子育てに支障がない範囲で、働きながらの育休であれば、会社や同僚に迷惑をかけずに育休を取得できます。

テレワークの活用もおススメで、在宅で仕事を進められます。

とよクマ

実際に、ぼくも半育休で働きながら、育休を1年取得しました!
空いた時間に、PCや営業の電話してたねっ♪

母ナツ

半育休で、ちょっと働きながら育休を1年取得する【男性・パパにおススメ!】

会社の視点で男性の育休義務化を考える

男性育休義務化の前に進めておきたい業務改善 では、会社側の視点で社員の育休取得を考えた記事です。

会社側は、なぜ男性社員に育休取得されると困るのか?

とよクマ

元管理職のぼくが、解説します!

会社の状況を知り、

  • パパ・ママ育休プラスで2回にわけて育休を取得
  • 半育休

など、制度をフル活用することで1年取得が叶うかもしれません。

会社向けなので、少しかたい記事ですが、ぜひご一読くださいっ♪

母ナツ

会社の状況を知ることが、有利な育休の条件に繋がります!

男性育休義務化の前に進めておきたい業務改善【経営者・管理職必見!】

パタハラって何?対策と解決策

パタハラの図

パタハラって何?【意味や定義、法律】 では、パタハラの原因と対策、解決策を解説しています。

パタハラとは、パタニティ・ハラスメントの略です。

パタニティ=父性 です。

とよクマ

職場からの嫌がらせで、家庭で求められる父親の役割ができない状況です!
育休が取得できない、看病のための休暇が許可されない…とかですね!

母ナツ

パタハラを受けないためには、自分でも勉強が必要です。

育休取得を申し出る前のご一読 が、おススメです!

パタハラの図 パタハラって何?【意味や定義、法律】原因と対策、解決策を解説

男性も育休を取得しよう!読みたい記事10選まとめ

父親と母親が、協力して子どもを育てる。

これからの時代は…といいますが、実は原点回帰じゃないかな?

と、ぼくは考えています。

いつの間にか労働が生活の中心となり、更に「労働だけが生活」

の世の中になっています。

このような環境では、自分の心にとっても、子どもの成長にとっても良いとは言えません。

とよクマ

ようやく最近になって、ライフワークバランスや働き方改革が重視されるようになってきました!

現在の働きすぎの状況は、自分自身の責任ではありません。

たくさん働ける状況があたりまえで、業務改善を先送りにしている会社に問題があります。

そうした世の中を変えるには、ひとりひとりが法律で認められた育休を、

「取得する!」

と、希望の声をあげることではないでしょうか。

最後になりますが、働く目的は

「大切な家族を守り、子どもを育て、次の世代にバトンをつなぐため」

です。

いつの間にか、仕事の目標が働く目的に変わっていませんか?

とよクマ

仕事は、目的ではなく手段です!
家族を守るための手段です!

母ナツ

会社の仕事が回らない、業務に支障が出る。

それは、経営者と管理職がどうにかする内容で、あなたが背負うものではありません。

何も気にせず、どうどうと法律で認められた育休や時短労働、看病のための休暇を取得しましょう!

とよクマ(@toyo_kuma)が、お伝えしました!