Instagramで育児マンガ連載中!

育休中に転職を成功させよう!【元採用担当監修】収入アップと円満退職を目指す!

育休中に転職の図

「育休中に転職はできる?」

「育休中の転職活動で成功するコツを知りたい!」

半育休を1年8か月取得、人事採用を経験した、とよクマ(@toyo_kuma)が、育休中の転職活動について解説します!

結論から言うと、

  1. (育休中にスキルアップしておく)
  2. 育休中から転職活動をはじめ(育休半年頃)
  3. まずは情報を収集
  4. 育児休業給付金を最後までもらい
  5. 保育園決定
  6. すぐに退職だとイメージが悪いので復職
  7. 本格的な転職活動開始(復職3ヶ月ごろ)
  8. 半年をめどに退職
  9. 新しい職場で業務開始

の流れが、もっともスムーズな方法です。

母ナツ

育休中の転職活動は、通常の転職活動とくらべ、かなりイレギュラーです。

マイナビエージェント  などに登録し、キャリアアドバイザーの助けを借りるのが、転職成功の近道でしょう。

また、子育ての時短勤務や休暇に理解のある、ライフワークバランスのとれる会社が理想です。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ  などで、あらかじめ転職先の口コミもチェックしておきましょう。

転職そのものにこだわるのではなく、小さな子どもがいる今の状況も考慮しつつ、長い目でのキャリアアップを考えましょう。

とよクマ

給料や待遇は良くなったけど、ライフワークバランスがとりにくくなった…

など、お給料のアップだけが、転職活動の成功とは言えません。

もっともリスクが少なく、円満退社を目指し、なおかつ自分が一番得をする転職活動を、この記事で一緒に考えていきましょう!

育休中の転職活動はいつから

育休中の転職活動は、1年取得した場合は後半(半年以降)から始めましょう。

産後の1ヶ月~3ヶ月は、身体の回復や育児が最優先です。

パパの育休生活【1年取得】&わかりやすく制度を解説 では、育休中の期間別の実体験を書いています。

半年までは、赤ちゃんの育児で精いっぱいの毎日になります。

パパの育休生活【1年取得】&わかりやすく制度を解説【経験者が書く!】

育児休業は、生まれたばかりの赤ちゃんの育児に集中するための休暇です。

赤ちゃんのためにも、1年の育休は最後まで取得し、育休後に転職となるように調整しましょう。

特に、育休中の転職活動はイレギュラー中のイレギュラーです。

マイナビエージェント  などに登録し、キャリアアドバイザーの助けを借りるのが、転職成功の近道でしょう。

とよクマ

キャリアアドバイザーは無料で育休中の転職を助けてくれるので、ぜひ活用したいですね!

また、

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ  などで、あらかじめ転職先の口コミをチェックしておきましょう。

育休中の転職のタイミング

育休中の転職は、現在の会社になるべく迷惑をかけず、円満退社となるように配慮しましょう。

育児休業は育児のための休暇で、育休後の職場に復帰することが前提とされた制度です。

この間、会社では

  • 同僚や上司が仕事の穴を埋めてくれている
  • 新しい人材を雇用して対処している

など、育休取得者の復帰が前提で人事計画を進めています。

急な退社は、会社の計画が大幅に狂うので、できるかぎりつつしみましょう。

とよクマ

転職活動で「すぐにでも」とオファーが来ても、急な退職届の提出は、あまりおススメできません!
一度復帰をし、「やむにやまれぬ理由」で退職せざるを得ない、という現職への配慮は大事にしましょう!

母ナツ

育休直後や育休中に退職届ではなく、

  1. 育休前の復帰前面談から継続は難しい旨を伝え
  2. きちんと引継ぎなどを済ませ
  3. 出来る限り円満での退職

を心がけましょう。

退職のタイミングはそれぞれ
もし復職前の面談で、退職OKな空気であれば、そのまま退職するのがベストです。

とよクマ

代わりを勤めた契約社員が、そのまま正社員に昇格するほうが、中途半端に復帰するより会社にとって良い可能性もあります!

また、転職先の採用担当も人で心があります。

「今の会社はいつ退職しても良いので、すぐにでも!」

などのアピールでは、

「自分の都合ばかりを優先するのだな。」

「次に育休を取った時も、自分中心で物事を考えるのかな。」

と、少なからず警戒してしまいます。

育休中からの転職活動そのものはおススメですが、実際の転職は

現在の勤務先との調整後

とし、円満退社を目指しましょう。

とよクマ

今後の自分のキャリアを考えても、円満退社は大事です!
ホント、人ってどこで会うかわかりません!(実体験)

母ナツ

育休中に転職活動を成功させるには

育休中に転職活動を成功させるには、現状をハッキリとウソ偽りなく伝えましょう。

ポイントが高いのは、

  • 保育園の入所は決定済み
  • 子どもの体調が良くない場合は、自分以外のヘルプも可能
  • スキルがある

育休・産休中に資格取得【おすすめ10選】 では、在宅の通信講座で資格取得の勉強やスキルアップが可能な内容を特集しています。

育休・産休中に資格取得 育休・産休中に資格取得【おすすめ10選】在宅の通信講座でスキルアップ!

さて、会社にとってスキルと同じぐらい大事なのは、

「仕事に穴をあけない人か」です。

採用しやすいのは、

  • 保育園が決定していて(もしくは入所済み)
  • 子どもの体調が良くない場合は、祖父母がみれる

など、具体的に伝えられるようにしましょう。

特に、子どもが急に体調を崩した時に、自分以外の手があるかは重要です。

仮にヘルプがいない場合でも、ウソ偽りなく伝えましょう。

とよクマ

自分の状況を、素直に話すのは大事です!

かつて、ぼくがパートさんを採用した時に、

  • 朝から17時まで勤務可能で
  • 土日どちらかは対応可能
  • 場合によっては祖父母のヘルプも可能

を条件に採用しましたが、実際には

  • 14時まで(幼稚園の時間)
  • 土日はシフトは入れない
  • 祖父母のヘルプは一切なし

のケースがありました。

パートでも雇用した以上、不当解雇はできないので、大変困りました。

不当解雇はできないものの、最終的には人間関係にヒビが入っての退社となりました。

このような悲しい結果にならないように、包み隠さず自分の状況を伝えましょう。

そして、なるべく仕事に穴をあけない状況を作ってから、転職活動をはじめるのがおススメです。

とよクマ

テレワーク(自宅勤務)で、お仕事OKな会社もいいですね!
自宅でのお仕事ができるか否かは、多きなポイントですっ♪

母ナツ

転職先を選ぶポイント

1歳の子持ちで転職をするので、会社の福利厚生や待遇面については、しっかりとチェックしておきましょう。

  • 時短労働や育児休暇が取得できるか
  • 就業規則の内容
  • 育休の取得例
  • 職場の雰囲気(子持ちに対しての)
  • テレワーク(自宅勤務)が可能か
  • 副業の可否

小さな子どもがいるので、お給料と同じぐらい待遇面は重要です!

マイナビエージェント  などのキャリアアドバイザーに間に入ってもらう場合は、福利厚生と待遇面の重要性をしっかりと伝えましょう。

また、副業の可否も大事です。

今後は、副業でおこづかい+α ぐらいは、がんばりたい時代です!

育休中にできる副業5選【在宅】 では、育休中からチャレンジしたい副業について特集しています。

とよクマ

実際にぼくもブログ副業で、結構家計が助かっています!
育休中に副業 育休中にできる副業5選【在宅】と知っておきたいポイント【登録無料】

育休前1年未満に転職は危険

育休制度、育児休業給付金は法律で認められた制度ですが、就業規則で1年未満の育休を認めない会社もあります。

つまり、転職後1年間は、新たに育休の取得はできないケースがあります。

とよクマ

ケースバイケース(就業規則しだい)なので、必ず確認しておきましょう!

就業規則上は1年未満で育休を取得できたとしても、新しい会社になじみ、自分のポジションが築けるまでは、仕事を大事にするのがおススメです。

信頼を得るのは、年月だけで解決できない要素ですが、年月も重要な要素のひとつです。

とよクマ

どんなに人柄が良く仕事ができたとしても、入社数ヶ月で次の子どもが…では、イメージが良いとは言えないですね。

転職した会社は、前の会社より待遇や給料が良いはずです。

良い状況を維持するためにも、法律や制度だけで考えず、人と人の関係を大切にしましょう。

やっぱり職場は、人間関係大事ですっ!

母ナツ

育休中の男性の転職

今後は、男性の育休取得も、ますます増えていくでしょう。

2019年現在、2018年の男性育休取得率は約6%ですが、少しずつ数字は上昇しています。

男性でも育休中から転職活動をするケースは、スタンダードな流れになるでしょう。

とよクマ

まず転職の前に、男性の育休の基本情報をご一読ください!

男性の育休をわかりやすく解説 では、男性にしかない育休中の制度や、基本的な内容について解説しています。

男性の育休のイメージ写真 男性の育休をわかりやすく解説【経験者が書く!】パパ必見!

さて、基本的な男性の育休情報を知ったところで、転職について考えましょう。

まず、夫婦で育休を取得し、夫婦で転職活動をするのが一番のおススメです。

現実問題、転職活動中は、どちらかが赤ちゃんのお世話役となります。

とよクマ

お互いに助け合うことで、夫婦で育休中に転職活動が出来るんだね!
その他に、スキルの勉強時間も、夫婦での育休だと協力し合いながら勉強時間の調整ができます。

母ナツ

夫婦で育休を取得し、夫婦で転職活動をするのは、世帯の年収をアップさせるのに、とても有効な方法です。

育休の1年間の間に、

が、可能です。

今現在では、男性の育休中の転職活動は、日本でもかなり珍しいケースになるでしょう。

マイナビエージェント  などに登録し、キャリアアドバイザーの助けを借りながら、転職活動をすすめるのが安心です。

また、転職先の情報収集も重要です。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ  などで、あらかじめ転職検討先の口コミも確認しておきましょう。

転職のポイントは、男女ともに同じです。

お給料はもちろんのこと、次の子供を望む場合、同じように育休の取得は可能なのか。

育児休暇(病気を理由とした)などが、可能なのか。

など、家庭も大事にできる条件(ライフワークバランス)の転職先がおススメです。

とよクマ

ライフワークバランスが崩壊している会社では、絶対に心は充実しません(実体験)
一度立ち止まって冷静に考えてみましょう!本当に、その会社のままで、自分と家族は幸せになれそうですか?

母ナツ

育休中の転職による退職日

転職のための退職日は、法律的には復職前でも可能ですが、できるかぎり現職の引き継ぎなどを済ませてから決定しましょう。

育休中に転職活動をし、いい感触であれば、退職日を決め「いつから転職先で働くか」の話になります。

もちろん、「良い話はすぐにでも」

で、退職をするのは、法律違反ではありません。

とよクマ

ですが、モラル的に良い決断ではありません!
でも、法律的にはOKなんだよね?

母ナツ

育児休業給付金は、復帰を前提に支払われる国の給付金です。

会社も復帰を前提に人事計画を進めています。

さらに、復帰を前提に上司や同僚が仕事を進めてくれています。

このような中、法律的にはOKでも、モラル的に自分のことだけを考えて、すぐにキャリアアップ(転職)は、良い選択とは言えません。

とよクマ

実際にあった、こわい話をします。
  • 実は現職と転職先の社長が知り合いだった
  • 誰かを通じて知り合いがいた
人と人は、どこでつながっているか、わかりませんね!

母ナツ

もっとも賢い育休中の転職プランは

  • 退職日は復職し半年後
  • 本格的な転職活動は育休明け
  • 育休明けまでは、情報収集や
  • キャリアアドバイザーに相談して方向性の決定
  • 育休明けまで、スキルや資格の勉強

が、勉強時間もフルで取れて効率が良いプランです。

退職日を決定する流れとして、

  • (現職の)復職面談で、今のペースで働くのは難しいことを伝え
  • ひとまず復帰し
  • 3ヶ月ぐらいをめどに、退職の話を切り出し
  • 半年後をめどに退職

が、理想的です。

復職後に退職すれば、失業保険も給付されますので、こちらも視野に入れながら、転職活動をしましょう。

とよクマ

育休後すぐにでも、失業保険は給付されるんだね!
失業保険の給付
育休終了後、すぐに退職したとしても、失業保険は給付されます。

育休中に転職すると育児休業給付金はどうなる

育休そのものを、転職先で引き継ぎはできません。

育休中の退社で育児休業給付金の返還義務はないものの、給付は打ち切りとなります。

とよクマ

つまり、働き始めるので、育休は終了する!という考え方です。

法律的に問題はありませんが、復帰を前提とした育児休業給付金制度なので、転職など自分だけの理由で退職は避けましょう。

今現在、育休を取得できているのであれば、労働環境が悪い会社ではないと思います!

母ナツ

育休中に転職して保育園はどうなる

仮にですが、育休中に転職先が決定し、現職を退職した場合、保育園の入園手続きはそれなりに大変になります。

  • 転職先の色々な手続きを待つ
  • 育児給付金は打ち切られる
  • ↑の状況で保育園に空きがあるかは不明

など、リスクが多いです。

この場合、保育園の優先順位の点数が、

正社員の点数>就職の内定点数

となり、受け入れ優先順位が下がってしまいます。

とよクマ

すでに職のある人が優先となります!

一番良いのは、

  • いったん現職で復帰(点数が高いまま)
  • =保育園が確保しやすい
  • 確保して、落ち着いたら転職(保育園はそのまま入れる)

の流れが、一番効率が良いでしょう。

一番避けたいのは、転職をしたいから、育休中に退職をしてしまうこと。

育休中に退職をしてしまうと無職扱いとなり、保育園の優先順位がグッと下がってしまいます。

正社員の点数≧就職の内定点数>無職の点数

とよクマ

すでに働いている人が最優先になる!のは、忘れずに覚えておきましょう!

育休中の転職活動の履歴書の書き方

これといって決まりはありませんが、ぼくは育休中を素直に書くべきだと思います。

素直に公表したほうが、リスクが減るのが理由です。

育休中の履歴書の書き方については、

マイナビエージェント  などの、キャリアアドバイザーの助けを借りながら転職を希望する企業に合わせ、調整するのが良いでしょう。

たぶんですが、雇用保険や社会保険の手続きで、免除期間などの履歴ですぐに判明すると思います。

育休中だから採用に不利になると考えるのではなく、自分のスキルと人間性で勝負しましょう!

とはいうものの、子どもが具合が悪い時などの親族のヘルプ、保育園の確保は重要な項目です。

履歴書にフリーの欄があれば、しっかりと書いておきたいところです。

もしネガティブな状況が多いのであれば、一度現職に復帰し、集中して働ける環境づくりを終えてからの転職がおススメです。

とよクマ

特に、労働環境が整備されている会社であれば、焦って転職することはありません!
逆に、やっと育休は取得したものの、労働環境が良くないのであれば、早めに転職する方が良いかもしれませんね!

母ナツ

育休中に転職するデメリット

  • 有給の日数が減る
  • 人間関係が1からスタート
  • 1年以内に育休は取得できない(ケースもある)

何といっても、有休の日数が減るのは大きなデメリットです。

  • 勤続半年:10日の有給
  • 勤続6年半:20日の有給

特に、保育園を預けてからしばらくは、体調を崩しがちです。

とよクマ

1,2年は、風邪とかもらってばっかりです(汗)
保育園からの着信があると、戦慄がはしります!(ガクブル)

母ナツ

育休中に転職を成功させよう!まとめ

育休中の転職は、かなりイレギュラーな転職活動になることを解説してきました。

イレギュラーな状況だからこそ、自力で解決しようとせずに、転職アドバイザーを活用するのが成功への近道です。

マイナビエージェント  は、無料でキャリアアドバイザーの助けが、借りられます!

とよクマ

無料で活用できるサービスは、損にならないので、ドンドン活用しましょう!

また、企業の募集内容が本当なのか?

しっかりと口コミサイトで確認しましょう!

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ  などで、あらかじめ転職先の生の情報をチェックしておきましょう。

募集の内容が本当か、職場の実際の雰囲気とか、とっても気になりますねっ!

母ナツ

この他にも、育休をテーマに色々な記事を書いています!

男性も育休を取得しよう!読みたい記事10選 男性も育休を取得しよう!読みたい記事10選【1年経験者が書く】

今回の記事がきっかけで、転職が成功し、より充実した子育てと暮らしの助力になれば、うれしく思います。