Instagramで育児マンガ連載中!

【全30種】石垣島のドライブで絶対に見たい植物と花10選+マニア向け12種+散歩用8種

「せっかく石垣島に行ったから、南国の植物を観たい!」

「植物が全然違うのは分かるけど、もっと名前や見どころを知りたい!」

とよクマ

花屋歴20年のわたしが、おススメの植物とお花をご紹介します!
普通にお花屋さんやホームセンターで販売してるお花なので、とてもおどろくと思います!

母ナツ

知らないで見ても楽しいですが、知って観ると3倍楽しいドライブや散策になります!

とよクマ

石垣島は雨の日が多いですが、そんな時にはドライブがおススメです!
ぜひドライブがてらに、植物と緑を探してみてください♪

母ナツ

雨でも遊べて楽しめる!石垣島の子連れ旅で行きたいスポット10選

石垣島のドライブで絶対に見つけたい植物と花10選

まずは、見ないと後悔する!絶対に見ておきたい!

厳選した10種類をご紹介します。

とよクマ

厳選した10種類を見ておけば、石垣島の旅に悔いは残りません!
あえて場所は書かないので、ドライブしながらトレジャーハントしてみてください!

母ナツ

ガジュマル

ガジュマルの写真

沖縄の神木、ガジュマルです。

普段お花屋さんでも小さなポットが売ってるので、買ってみてはいかがでしょうか。

ミニガジュマル観賞用の写真

小さなポットの木からもヒゲのような根が出ていますが、その根が写真のように木に成長していきます。

とよクマ

ガジュマルは神木なので、絶対に切らないと言われています!(道路も木をさける)
キムジナーという妖精が宿っていると言われていますが、ググったらちょっと怖かった・・・

母ナツ

マングローブ

マングローブの写真

海辺に生えています。

川の水と海の水が混ざり合った場所でしか生育しません。

干潮であれば、かなり間近で見れます。

とよクマ

満潮と干潮で、かなり景色が変わります!

ハイビスカス

ハイビスカスの写真

本州では5月下旬から小さな木が販売されますが、一年中温かい沖縄では垣根のように大きくなります。

本州のイメージで見つけようとすると、木が大きくて逆になかなか見つからないことが多いです。

パイナップル畑

石垣島のパイナップル畑の写真

石垣島ではパイナップル畑が数多くあります。

よくお花屋さんにあるアナナス(グズマニア)の仲間なので、姿がよく似ています。

ちなみに1年中パインは収穫できますが、時期によって品種が違うようです。

ブーゲンビリア

ブーゲンビリアの写真

本州では、5月頃からお花屋さんで販売されていて、母の日の定番鉢植えのひとつです。

石垣島、沖縄離島では庭木になるほどの大きさです。

特徴的なお花なので、すぐにわかりますね!

アダン(タコの木)

アダン(タコの木)の写真

長男ジュレイク

パイナップルだー!

次男コンチペ

パインが木になってる!

違います!

似ていますが、アダンというタコノキの一種です。

写真のように身が黄色く熟すと甘い匂いがして、いかにもおいしそうですが・・・

とよクマ

でも、食べられません!
昔の沖縄文化では食べていたようですが、今は食べません。

母ナツ

繊維質が多いので、食べる部分がほとんど無いようです。

ヤエヤマヤシ

ヤエヤマヤシの写真

石垣島北部でよくみられる沖縄離島(八重山地方)固有のヤシで、実は天然記念物です。

北部米原にヤエヤマヤシの群生地があるので、晴れていれば一度は見ることをおススメします。

雨でも北部を走っていれば、車内から見えます。

サキシマスオウノキ

サキシマスオウノキの写真

一番ベストは、石表島の仲間川マングローブクルーズですが、実は石垣島でも見ることができます。

於茂登トンネル入口近くのンタナーラ川付近には、サキシマスオウノキの群落があります。

米原のヤエヤマヤシ群生地にも近いので、ついでに行くのがおススメです。

観光地として整備されていないので、見つけるのは至難です。

ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴの写真

古代をイメージするヘゴの一種ですが、何と1億年前からの生き残りです。

もしかしたら、恐竜と共存していたかもしれません。

長男ジュレイク

恐竜の本で見たことある!

次男コンチペ

恐竜のエサだったの?

恐竜が食べたかはわかりませんが、沖縄では葉の新芽を食べます。

私も天ぷらでいただきましたが、食感のある茎でおいしかったです。

クワズイモ

クワズイモの写真

葉がいかにも芋系ですが、食べられないのでクワズイモです。

葉だけ見れば里芋と同じですね。

本州では結構高値で観賞用として売っていますので、ぜひ探してみてください。

とよクマ

石垣島では、どこでも生えていますよ!

石垣島のドライブで更に見つけたいマニアックな植物12種

ここからは、お花や植物好きの方のために、更にマニアックな品種を12種類まとめました。

とよクマ

ずっと雨で、もうどうしようか!?なんて時にもおススメです!
ほとんど車からでも発見できるので、チャレンジしてみてください!

母ナツ

デイゴ

デイゴの写真

沖縄の県花でもある、デイゴです。

デイゴが咲き乱れ~♪で有名ですね。

石垣島でもいたるところで、デイゴの木と花が見れます。

とよクマ

3~5月に花が咲きます!

サトウキビ畑

サトウキビ畑の写真

サトウキビ畑~♪ の、あの歌で有名です。

サトウキビは、写真のように製糖用の畑で栽培される品種と、自生のサトウキビの2種類があります。

石垣島北部の方ススキのような葉の植物を見つけたら、自生のサトウキビかもしれません。

ソテツ

ソテツの写真

本州でもおなじみのソテツですが、あたたかい分育成が早く大きい感じがします。

自生しているソテツも多いので、ドライブの途中に足を止めてみるのも良いかもしれません。

ドラセナ

ドラセナの写真

自生というよりは、植えられたものが多いです。

市街地や観光地の植栽に多いです。

本州では観葉植物として、よく売られています。

島バナナ

島バナナの写真

バショウのような大きな植物があれば、バナナです。

島バナナは小さいですがとても甘いので、滞在中に一度食べてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、1本の木に1房しかバナナはなりません!

旅人の木(タビビトノキ)

旅人の木(タビビトノキ)の写真

古来、旅人が目印にした(ぐらい大きくなる)タビビトノキです。

この写真でも5mぐらいはありそうです。

公園などによく植えられています。

とよクマ

観葉植物として、本州ではとても人気です!

ゴムの木

ゴムの木の写真

石垣港の近くで発見しました。

ゴムは、あの輪ゴムのゴムで樹液を採取します。

温かい気候だと、これほどに大きくなるのだと感心しました。

カエンボク

カエンボクの写真

唯一名前がわからなかった木です。

クロサンドラかと思いましたが、カエンボクという名前のようです。

バンナ公園南口、駐車場入り口にありました。

とよクマ

ぜひ、バンナスカイラインのついでに、行ってみてください!

月桃(ゲットウ)

月桃(ゲットウ)の写真

ショウガの仲間なので、似たような葉があればそれが月桃です。

葉からは、とてもさわやかな香りがし、古くから沖縄では生活に利用されてきました。

防腐、防カビ、お茶などなど、現代では化粧品などにも使われています。

とよクマ

5月頃から白い花が開花します!
お茶を飲みましたが、好き嫌いがわかれる味です!(私は好き♪)

母ナツ

月桃(ゲットウ)斑入りの写真

斑入りもあるようです!

モンパの木

モンパの木の写真

砂漠などの砂地に自生しています。

砂浜に出れば、必ず見れると思います。

暴風、防砂林として、昔の沖縄では薬として使われていました。

アリアケカズラ

アリアケカズラの写真

黄色い花が印象的です。

4月~秋ごろまで開花していますので、見た方も多いのではないでしょうか。

名前のとおり、カズラの仲間です。

トックリヤシモドキ

トックリヤシモドキの写真

写真が無いので普通のトックリヤシになってしまいましたが、見た目はほとんど同じです。

どちらも植えられてますが、トックリヤシモドキの方が多いかなと思います。

見分け方は、きれいなトックリ型になっているのがトックリヤシで、あまり下が膨らんでいないのがモドキです。

とよクマ

観葉植物として、とても人気です!
観葉植物では、葉が厚くて幅があるのがトックリヤシです♪

母ナツ

石垣島の散歩で見つけたい植物8種

よく民家の庭で栽培されている植物をチョイスしました。

本州ではありえないお庭の光景が広がっています。

ガーデニングや園芸好きは、ご迷惑にならない程度に庭先に飾られている植物を見てみましょう!

ポインセチア

ポインセチアの写真

クリスマスのお花と思われていますが、実は寒いのは苦手です。

石垣島のお庭巨大化している木がありました。

暑すぎる環境かと思ったら、意外でした。

胡蝶蘭

胡蝶蘭の写真

雨にバッシャリ濡れていますが、これぐらいでも無問題なんですね。

ハウス内ではなく外で自生に近い環境で咲かせると、花びらが厚くなるのかもしれません。

トマトを外で栽培すると皮が硬くなるのと一緒です。

パパイヤ

パパイアの写真

特徴的な葉で実がついているので、すぐにわかりますね。

公園や私有地に植えられていることが多いです。

プルメリア

プルメリアの写真

ハワイの花として有名です。

プルメリアにとって石垣島は、最高の環境だと思います。

寒くならないので冬越しは必要ありませんし、夏は暑すぎません。

とよクマ

個人宅や植物園などに植えられています!

デュランタライム

デュランタライムの写真

町中のいたる場所で、道端に植えられています。

本州では道端のツツジやサツキのような位置づけです。

本州では、夏にポット苗で販売されます。

サンタンカ

サンタンカの写真

住宅地では、よく植えられています。

沖縄の花として有名ですが、古くから自生していました。

ランタナ

ランタナの写真

夏定番の花苗ですが、石垣島ではそこら中に自生しています。

それも、あり得ない大きさで・・・

小さなかわいらしい花が特徴的なので、すぐにわかりますね。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツの写真

月下美人に似た枝葉のドラゴンフルーツです。

ドラゴンフルーツの花の写真

大輪で美しい花が見れたら、超ラッキーですね♪

ドラゴンフルーツの実の写真

植物園や個人のお宅で栽培されていることが多いです。

石垣島のドライブで絶対に見たい植物と花まとめ

「明日は雨だけでどうしよう・・・」

「旅行の日程はずっと雨だ・・・」

そんな不安を持ちながら、この記事を読んでいるかもしれません。

とよクマ

雨でも南国のジャングルを走るドライブは、とても楽しいです♪
子連れであれば、子供さんにひとつずつ説明してあげると、喜ぶと思います!

母ナツ

長男ジュレイク

この植物、何!?見たことないよ!
僕の住んでいるところと、全然景色が違う!

次男コンチペ

観光地を周る旅行も楽しいですが、植物を観ながら心を同化させ、島そのものを楽しみ 、島に浸る【旅】を私はおススメしたいです。

お値段も無料!とってもリーズナブルです!