Instagramで育児マンガ連載中!

剣道の面の選び方!【指導者監修】小学生におススメの面3選

剣道の面の画像

剣道錬士六段で指導者の、とよクマ(@toyo_kuma)です。

「剣道の面は、どんな物を選べばいいの?」

「面を知って、納得してから買いたい!」

とよクマ

そんな初めて面を買う方に向けて、この記事を書きました。

結論から書くと、

  • 肩を守る左右の長さがあり
  • 面布団がしっかり詰まっていて
  • 老舗メーカーの品(安心を買う)
  • (できれば)動きやすい、十字かナナメ刺し

の面がおススメです。

面の基礎知識を付けながら、おススメの面3選まで、ご紹介していきたいと思います。

クリック

安全性が高いおススメの面を見る

剣道の面の基礎知識

まずは面の基礎知識と目利めききのポイントを、学んでいきましょう。

細かくすべてをお伝えすると長くなるので、購入の検討で必要な情報のみに特化しています。

安全性を第一に考える

剣道の防具は身を守るための防御の要ですから、安全性を第一に考えましょう。

最近は試合で動きやすくをテーマにした、軽く短い面があります。

とよクマ

短い面は、体が小さく完成していない小学生にはとても危険です。

試合用や実践タイプなど名前だけで判断せずに、総合的な作りから安全性に問題がないかを確認しましょう。

  • 肩が保護できないほど面の左右が短い
  • 面布団が薄く(少なく)軽い

この2つがよくあるケースなので、注意しながら選びましょう。

最近では、短い面に対して規制が出ています。

装着時に面ぶとん部が、肩関節を覆っているかどうか、を見て判断します。肩関節を保護していない剣道具を使用している場合、試合後に審判員が注意するようにし、以降はその面を使用しないよう指導いたします。

竹刀及び剣道具等の安全性・公平性に関するパブリックコメントの結果について | 全剣連のお知らせ | 全日本剣道連盟 AJKF

客観的に見ると、育ち盛りの小学生の頭を棒で叩くのが剣道です。

しっかりと衝撃を吸収する、安全性の高い面を選びましょう。

クリック

安全性が高いおススメの面を見る

自分のサイズに合う面を選ぼう

面の採寸は、防具の中で一番細かく多くの部位を計測します。

指定の範囲を何度も確認し、今の自分に合ったサイズの面を選びましょう。

とよクマ

剣道では面のサイズが合わないと、稽古中にはずれることもあり、とても危険です。

子供はすぐに成長するので、ひとまわりでも大きめのサイズが欲しくなりますが、安全性のためグッと我慢してください。

面の内輪のアゴの部分に手ぬぐいなどを引き、大きい面を無理につけたりするケースもありますが、やめておきましょう。

とよクマ

外れやすく、とても危険です。

サイズに合わない面は、

  • 衝撃で外れることもあり危険
  • 大きすぎて動きづらい
  • 姿勢が悪くなる(物見が合わない)

と、良い事がありません。

とよクマ

逆に小さな面は、肩の関節を保護できる長さが足りなく、規制の対象になるケースもあります。

また、頭が締め付けられる中で体を激しく動かすと、とても危険です。

クリック

安全性が高いおススメの面を見る

物見を合わせよう

面の物見

物見ものみとは、面金めんがねが少し広くなっている部分で、ここから相手を見ます。

指導者目線で話をすると、物見の高さが合っていない子どもさん、とても多いです。

物見が合わないと、アゴを無理に引いたり上げたりして相手を見るしかありません。

とよクマ

ひどいケースでは、一段下か上の物見で相手を見ることも珍しくありません。

剣道の構えの基本として、面の上部が平行になるように構えます。

顎をやや後ろ側に引くことで、正しい構えの姿となります。

物見がずれている=正しい構えでは前が見えない ので、構えが崩れる原因になります。

とよクマ

通販で面を購入した時などは、すぐに物見があうか必ず確認しましょう。

また、中古の面は物見が合わないケースが多いので、あまりおススメできません。

クリック

安全性が高いおススメの面を見る

mmや分などの刺し幅

剣道の防具の刺し幅の違い

刺し幅については、 剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識 で特集しています。

ぜひ、ご一読ください。

剣道の防具の画像 剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識【指導者監修】

面は特に、頭を守る大事な道具です。

低学年は高級感にこだわらず、機能性を重視し、厚みがあり衝撃を吸収する面を選びましょう。

クリック

安全性が高いおススメの面を見る

面布団の厚みと品質で大事な頭を守る

剣道の面打ちは、黒い面縁めんぶちを竹刀で打ちます。

面を打つ部分

ですが、小学生だと脳天(面布団を直接)打ってくるケースもあります。

また、面縁に当たった竹刀が衝撃で曲がり、面布団めんぶとんに当たり良い音が鳴るのが正しい面打ちです。

とよクマ

大人のケースで、子どもは竹刀が曲がるほどではないかもしれません。

ですが、かなりの衝撃を頭に受けるのは確かです。

面布団は一見の厚みだけではなく、中身の素材と、つめ具合などで総合的に判断しましょう。

防具の布団の素材については、 剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識 で特集しています。

ぜひ、ご一読ください。

剣道の防具の画像 剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識【指導者監修】

クリック

安全性が高いおススメの面を見る

刺し方の技術の違い

通常の刺し方は、ミシンであれば直線(ストレート)が一番安価です。

ストレートでも現在の技術では、使いやすく作られていますので、メーカー品を選べば硬くて使いづらいようなケースは無いでしょう。

ほかの刺し方では、

  • 斜め刺し(ナナメだとなじみやすい)
  • 十字刺し、格子刺し、クロスピッチ(手刺し風)

が、あります。

試合が多い高学年は、面だけでもナナメや十字などを選ぶと、動きやすさがグッと変わってきます。

クリック

安全性が高いおススメの面を見る

面金の種類は3種類

面金の画像

面金めんがねは、3つの素材があります。

軽い順に、3種類ご紹介します。

  1. ジュラルミン
  2. チタン

とよクマ

現在では鉄を使用した防具は、ほとんど見かけません。

ジュラルミンかチタンか、になりますが、チタンの方が強度が高いと言われています。

ですが、面金が壊れるようなケースはあまり聞かないので、軽いジュラルミン一択で良いでしょう。

クリック

安全性が高いおススメの面を見る

剣道小学生用でおススメの面3選

基本的には通販で面を購入する場合は、老舗メーカーを選びましょう。

面は採寸を細かく測るので、サイズが合わないケースはほとんどありません。

とよクマ

実店舗でもメーカーへの注文になるので、採寸を図って取り寄せになるケースが多いです。
実物をその場で買えるのは、メーカー直販のお店が多いですね。

母ナツ

通販の場合、万が一サイズが合わなければ、未使用に限り交換も可能だと思います。(要確認)

松勘工業の冠(7mmカンムリ刺実戦型)

松勘工業は、創業110年を超える老舗防具メーカーです。

7mmカンムリは、大人にも負けないクオリティの防具です。

とよクマ

IBBジュラルミン面金を使用しているので、バランスと重心が最適化されています。

IBBとは、アイデアル・ベスト・バランスの略称で、最も理想的な位置に重心を置くように設計された面金です。

とよクマ

重心バランスはとても大事で、バランスが良ければ体にフィットするので軽く感じます。

また、武州紺反で染色されているので、とても美しい見た目です。

松勘工業のオリジナル技術カンムリ刺しは、手刺しに近い風合いと斜めの縫製で、なじみやすく使いやすいように配慮されています。

実戦用で肩の長さはやや短いですが、肩の保護も計算された設計なので安心です。

京都武道具の飛鋼(とびはがね)

防具業界最大手の東山堂グループの一角、京都武道具の面です。

独自の技術、フィットステッチ製法で作られており、手刺の柔らかさとコシを持つ機械刺の防具です。

とよクマ

防具の中でも面のフィット感が一番重要です。

柔らかさもあり、とてもなじみやすく使いやすい逸品です。

高柳喜一商店の武勇

高柳喜一商店は昭和8年創業の老舗防具メーカーです。

武勇は、入門者の低学年におススメの面です。

1,2年生ぐらいまでの小さな時期は、コスパに優れた武勇で十分です。

剣道の面の選び方まとめ

面は防具の中で、一番重要な部位です。

安全面では命の要とも言える頭を保護し、動きやすさでは竹刀を振る肩に直接触れる部分です。

剣道では首を大きく左右に振ったりはしませんが、試合は左右に広く動き回ります。

とよクマ

プレイヤーとしては、首から頭の可動域がとても気になります。

以上のことから、面は予算が許せばできるだけ良いものがおススメです。

小手に比べると、「使いすぎて消耗した(壊れた)」というのは小学生では、あまり聞きません。

とよクマ

高校生だと1年持たないこともありますが、小学生はそこまで激しい稽古はしません。

つまり、少し良い品を買っても破損する心配はほとんどありません

良い剣道、正しい動作の剣道をするには、体に合った使いやすい防具が必要です。

とよクマ

良い仕事をするには、良い道具が必要です。
子どもさんの将来のために、「ちょっと良いもの」を無理のない範囲で、投資してあげましょう!

母ナツ

最後になりますが、この記事で良い面の買い物につながれば、これほどうれしいことはありません。

ほかにも防具について色々な記事を書いていますので、ぜひご一読ください。

剣道の防具の画像 剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識【指導者監修】