Instagramで育児マンガ連載中!

剣道の垂の選び方!【指導者監修】小学生におススメの垂3選

剣道錬士六段で指導者の、とよクマ(@toyo_kuma)です。

「防具のたれは、どんなタイプを選べばいいの?」

「数や専門用語が多すぎて、初心者ではよくわからない」

とよクマ

そんな方に向けて、垂の特集ページをつくりました。

垂は防具として頻繁に打たれる場所ではありません。

よって、柔らかさ(使いやすさ)とコスパを重視しましょう。

とよクマ

垂の着け心地(フィット感)は、製法により大きく変わります。
  • ピッチ刺し
  • クロスステッチ(十字刺し)

を選ぶと、通常のミシン刺しに比べ、とても体にフィットします。

とよクマ

本編で詳しく解説していきましょう。

クリック

小学生におススメの垂を見る

剣道の垂はサイズと付け心地を重視

剣道の垂は、何よりも付け心地を重視しましょう。

垂の着け心地とは、

  • 自分の身体のサイズに合った垂
  • 柔らかい垂
  • (柔らかくなるには)仕立の製法

の3点で決まります。

とよクマ

かたい垂を着けると、とにかく動きづらいです。

踏み込みで足を上げるたびに違和感がありますし、腰まわりに装着するので、体全体が動かしにくいです。

柔らかい垂だと衝撃吸収力が気になりますが、全く別の問題です。

衝撃吸収力は中身の素材と製法で変わるので、硬い柔らかいとの関係はありません。

とよクマ

サイズは胴と同じように、細かくありません。

メーカーにもよりますが、

  • 幼年用(小学生未満)
  • 低学年~中学年用
  • 中学年~高学年用

と、3種類しかありません。

面や小手のように細かい計測を必要としないので、垂は通販でも買いやすい部位です。

クリック

小学生におススメの垂を見る

剣道の垂は素材や仕立で値段が変わる

剣道の防具の刺し幅の違い

剣道の垂れは面や小手と同じく、縫い目の細かさで値段が変わってきます。

剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識 では、

  • 手刺しとミシン刺しの違い
  • mm(刺し幅)の違い
  • 素材の違い

とよクマ

など、詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。
剣道の防具の画像 剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識【指導者監修】

クリック

小学生におススメの垂を見る

おススメの垂の仕立と素材

小学生用の垂は、

  • クラリーノ(人工革)
  • 6mm程度の刺し幅

の垂で十分です。

とよクマ

クラリーノは技術の進化で、きれいで美しく、使った後の色合い(色落ち)も悪くありません。

刺し幅は広いほうが衝撃吸収力があるので、

  • 低学年は6~7mm
  • 高学年でも5~6mm

程度で十分です。

とよクマ

刺し幅が狭くなると見た目は美しくなりますが、トレードオフとして硬くなります。

小学生の間は、動きやすく衝撃吸収力のある刺し幅が広めのタイプがおススメです。

ちなみに、刺し幅が広いほうがコスパも良いです。

クリック

小学生におススメの垂を見る

小学生用が使いやすいおススメの垂

今回は、小学生におススメの垂を3つほどご紹介します。

  • 入門用
  • 稽古用
  • 試合用

と、3つの使い方に合わせてセレクトしました。

京都部道具 颯(はやて)6ミリミシン刺

とにかくコスパの良い垂です。

とよクマ

小学生未満か低学年の初心者で、一時的に使いたい場合におススメです。

芯材に良い素材を厳選しているので、機能性を上げながら衝撃吸収力もあります。

防具メーカーNO1の東山堂グループの一角である京都武道具の垂なので、安心です。

試合に出るようになったら、さらに見た目の良い垂を購入しましょう。

剣道防具 垂れ 6ミリジャストフィットピッチ刺し

ピッチ刺しは特殊な製法で、通常のミシン刺しと違い

  • 厚み(衝撃吸収力)
  • 柔らかさ

を出すことができます。

ピッチ刺しはミシンの間隔が大きく5~6ミリで、縫い締りが少ないです。

とよクマ

通常のミシン刺しは2~3mm程度です。

レビューが多く信頼できれば、垂は面や小手ほど衝撃吸収力を気にしなくても良いので、老舗メーカーにこだわらなくてもOKです。

神奈川八光堂 A-1α CROSS 6mmクロスステッチ織刺

イチオシの垂です。

クロスステッチとは、十字刺しです。

十字刺しは、手刺しの風合いに近く高級感があります。

とよクマ

見た目だけでなく、立体的な布団が体にフィットします。

クロスステッチは縦横の曲げにも強く、立体的に体にフィットしますので、体の防具のズレがとても少ないです。

腰回りをしっかりと固定させるので、体感の安定性にもつながります。

とよクマ

日本一の防具メーカーである東山堂グループの一角である、神奈川八光堂の品なので、品質も安心です。

高学年を前に試合が多くなりそうでしたら、よりフィット感のある十字刺しの垂がおススメです。

剣道の垂の選び方!まとめ

垂は面や小手のように、普段から竹刀の打突をうける部位ではありません。

ですが小学生から安全性を無視した、道着のように極端に薄い垂を使用するのはおススメできません。

しっかりと衝撃吸収力のある、布団の厚みがあり柔らかい垂を選びましょう。

とよクマ

衝撃吸収力と同じぐらい、付け心地も大事です。

垂がフィットしないのは、面と同じぐらい付け心地が良くありません。

おススメで紹介したように、十字刺しなど体へのフィットを第一に考えられた垂が、一番付け心地が良いです。

体へのフィットはサイズはもちろんのこと、刺し方(十字刺しやピッチ刺し)などの製法が重要です。

とよクマ

最後になりますが、この記事がきっかけで良い垂にめぐり合えれば、これほど嬉しいことはありません。

ほかにも剣道の防具について記事を書いていますので、ぜひご一読ください。

剣道の防具の画像 剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識【指導者監修】