Instagramで育児マンガ連載中!

剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識【指導者監修】

剣道の防具の画像

剣道錬士六段で指導者の、とよクマ(@toyo_kuma)です。

「剣道の防具は、どれを選べばいいの?」

「防具の違いがわからない。納得して買いたい!」

とよクマ

入門したばかりの方にむけて、防具の選び方と基礎知識をレポートしています。
主に小学生用の防具のお話になります。

母ナツ

結論から書くと、防具は身を守る大切な道具なので、ややグレードが高めの剣道具がおススメです。

また、通販や目利めききがむずかしい場合は、老舗の剣道具メーカーの防具を選ぶのが安心です。

この記事を一読いただけると、防具の基礎知識と選び方が身につきます。

とよクマ

防具は高い買い物になるので、知識を付け納得して購入するのがおススメです。

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

小学生用の剣道の防具の選び方

防具は自らの身を守る大切な道具です。

剣道を改めて客観的に考えると、竹刀を持ち、お互いに叩きあう危険な競技です。

仮に防具なしで剣道をしたら、命がいくつあっても足りないでしょう。

とよクマ

剣道は、防具に命を預けていると言っても大げさではありません。

きちんと身を守る防具を購入するために、まずは防具の基礎知識から学んでいきましょう。

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

手刺しとミシン刺しの違い

剣道の防具は、手刺しとミシン刺しの2つに分かれます。

その名のとおり、

  • 手刺しはすべて手縫てぬ
  • ミシン刺しは機械(電動ミシン)製作

一般的に剣道の防具は、2つのどちらかに分けられます。

手刺しのメリットは、ミシン刺しに比べて厚みがあり柔らかくなじみやすい…

とよクマ

と言いたいところですが、他の条件も重要なので、いちがいには言えません。

結局は素材や技術もふくめ、総合的なグレードで決まります。

  • 手刺しでも薄い布団(質が悪い)
  • ミシン刺しでも素材や製法(手刺し風など)により柔らかい
  • ミシン刺しでも厚い布団(質が良い)
  • 布団(圧縮綿あっしゅくめんやクラリーノ、フェルト、毛氈もうせん)や革の質
  • 職人の技術

など、単純にひとつの部分で良い品とは判断できません。

大事なのは手刺しやミシン刺しか、の製法だけではなく、

  • きちんと身を守る厚みと質があるか
  • 体の要所を保護しているか(面の左右や小手が短すぎない)
  • 柔らかく体になじみやすいか

が、重要です。

できれば足を運んででも実物を見て、手に取って、納得して購入しましょう。

とよクマ

おいしいケーキで考えてみよう!
素材の小麦粉やクリーム、卵の質だけでなく、パティシエの技術も大事ですねっ!

母ナツ

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

6ミリや7ミリなどの単位はミシンの間隔(刺し幅)

剣道の防具の刺し幅の違い

防具のスペックを見ると、〇mmや〇などの単位が必ず記載されています。

とよクマ

この単位の意味はなんだろう?

まず、防具の単位はミシン刺しか手刺しかで違います。

  • ミシン刺し=mmを使う
  • 手刺し=分と厘を使う(1.5分は1分5厘)
    ※1分=3mm

一般的には、数字が小さいほど高級品です。

とよクマ

糸を縫う手間がかかるからね!

では、小学生や中学生の防具は、高級品であるmmの小さな防具を買えばいいのでしょうか。

結論から書くと、特に低学年はmmの大きな(6~8mm)防具がおススメです。

見た目の美しさ(mmの細かさ)より、身を守る布団の厚さと動きやすさが重要です。

防具は糸をった感覚がせまければ狭いほど、布団が薄くなります。

とよクマ

圧縮しているのと同じ効果だね。

逆に縫いめが幅広いほど、布団が厚くなり衝撃吸収力がUPします。

とよクマ

だから、小学生用の防具はmmの大きなタイプが多いんです!

mmが小さいメリットは、見た目の美しさと耐久力です。

縫い目が細かい防具だと、シャープで美しくみえるのです。

先生方の防具を見ると、何となくわかると思います。

注意
刺し幅(mmの幅)の狭さと値段だけで決めず、素材の良さも重要です。

「この刺し幅でこの値段!激安!」

こうした防具は、注意して購入しましょう。

とよクマ

世の中、安いものには理由があります。

質と(特に)中身の素材を、できるだけ手に取って確認しましょう。

中身の布団が少なく、とても危険な防具も世の中には出回っています。

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

素材により値段が変わる

剣道具の素材は、鹿革か人工革(クラリーノ)の2種類にわかれています。

  • 鹿革は鹿(動物)の皮
  • 人工革であるクラリーノは鹿革を科学的に作成

した素材で、一般的には鹿革づくりが高価です。

とよクマ

鹿革のほうがなめらかで柔らかく、なじみやすいです。

しかし、最近ではクラリーノの技術が向上したので、人工的な素材とは思えないほど使いやすく進化しています。

もちろんクラリーノもすべて同じグレードとは言えないので、自分の目で確認しながら選びましょう。

ポイントは、しっかりした造りで柔らかさのある防具です。

とよクマ

見た目は鹿革のほうが良いです。

最初はわかりませんが、使い込むうちに藍の色が落ちてきます。

藍が落ちた色合いが美しいのは鹿革ですが、小学生はこだわらなくても良いでしょう。

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

通販は老舗のメーカー品が安心

剣道の防具も今の時代、すべてが国産ではありません。

かといって外国製が良くないかというと、そうでもありません。

とよクマ

外国製でも良い防具は、たくさんあります。

防具に限らず、家具や電化製品も海外生産だから良くないわけではなく、良い素材と技術で作れば良い品が出来上がります。

  • 近くに防具屋さんがない
  • 実店舗は何となく入りにくい

ようなケースは、通販で購入するしかありません。

もし通販で購入するのであれば、

  • レビューをよく読む
  • 返品可能か
  • 老舗メーカーの品を選ぶ

3つのポイントで購入を検討されるのが良いでしょう。

色々な通販サイトがありますが、

  • 代理店でメーカーの防具を取り扱い
  • 代理店でノーブランドの防具を取り扱い

2つのケースがあります。

少し値段は高くなりますが、メーカー品の防具が間違いないでしょう。

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

体に合わせたサイズが重要

よく体の成長を見越して、大きめの防具を買うケースがありますが、かなり危険です。

動きにくいのでとても危険で、当然技術の習得にも弊害が出ます。

とよクマ

きちんとサイズを採寸し、服と同じで今の体に合ったサイズを購入しましょう。

子どもはすぐに成長しますので、道場の先輩からのお下がりが期待できるかもしれません。

ただ、子どもでも同じような体格でなければサイズが別になるので、きちんと合うかどうか確認しましょう。

特に低学年では、おさがりを期待したいところですが、子供の心境で考えれば新品が欲しいところです。

とよクマ

防具はしっかり乾かして使用したいので、おさがりはスペアとして最適です。

さて、少し話がずれましたが、何よりも体にフィットしたサイズの防具が重要です。

親としてはすぐに使えなくなるかもしれない恐怖がよぎりますが、安全性と動きやすさを最重視し、今の体格にあった防具を選びましょう。

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

女の子用の防具はなく男女兼用

小学生~中学生ぐらいまでは、女子用の防具は特別ありません。

とよクマ

すべては採寸(サイズ)で決まります。

大人になると自分に身体に合わせた完全オーダーメイドで防具を作るケースもありますが、子どもはサイズが決まっている規格品で十分です。

服と同じように、規格品でも必ず体にも合ったサイズがあります。

ただ、胴の色を赤にしたり、女子に多い白い防具など、見た目で選ぶのも良いでしょう。

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

買ってはいけない防具

全日本剣道連盟が、防具に対して明確な規制を出しました。

装着時に面ぶとん部が、肩関節を覆っているかどうか、を見て判断します。肩関節を保護していない剣道具を使用している場合、試合後に審判員が注意するようにし、以降はその面を使用しないよう指導いたします。

竹刀及び剣道具等の安全性・公平性に関するパブリックコメントの結果について | 全剣連のお知らせ | 全日本剣道連盟 AJKF

剣道の試合は極端な話、防具が無いほうが動きやすいです。

ですが、防具がなければ試合になりません。

とよクマ

そこで登場したのが、安全性を下げてでも動きやすさを重視した防具です。

全剣連が規制を出した背景から考えると、当然ですが公式の試合の場で、安全性の低い防具の使用が横行したのです。

たしかに面は、短く肩の関節が動きやすいほど腕を上げやすく、打突に有利です。

ですが、もし面が外れ肩に竹刀が当たったら、肩に大きなケガをすることになります。

実際に小学生用の防具でも、安全性より機能性を重視した防具があります。

とよクマ

何よりも大事なのは、子どもの体を守る安全性です。

機能性を追求した防具と比較すると、全体的に厚ぼったいイメージの防具にはなりますが、本来の正しい防具です。

特に小学生は体が成長している大事な時期です。

何よりも安全性を重視した防具を選んでください。

クリック

安全性の高いおススメ防具を見る

小学生用のおススメ剣道防具と相場

価格の目安としては、

  • 低学年:3万~7万
  • 中学年:5万~8万
  • 高学年:7~10万

ぐらいで考えましょう。

ネット通販の相場を見ると少し高めかもしれませんが、命を守る防具です。

安全性の高い、良い道具を選びましょう。

とよクマ

小手は乾かさずに連続して使用すると、痛みが激しいです。

小手は必ずスペアを買い 交互に使いましょう。

剣道の小手の画像 剣道の小手の選び方!小学生用おススメ3選と便利グッズ3選【指導者監修】

おススメ防具セットは老舗メーカーが安心

とよクマがおススメするのは、創業百十年を超え歴史ある大手剣道具メーカー松勘工業の防具です。

色々な防具を手に取って見て、比較検討するのが一番良いですが、

  • 防具の目利きがむずかしい
  • 通販で買いたいので実物が見れない

そんな時には、老舗のメーカーの品が一番安心できます。

松勘 剣道防具セット EX-81MQ 8mmミシン刺 幼年用

小学生未満~低学年におススメなのは、8mmの防具です。

まだ体が小さいので、刺し幅の広い(mmの大きい)タイプがおススメです。

2,3年でワンサイズ上の防具に買い替えになりますが、今の体の大きさに合っているようであれば、迷わず一番小さい防具を選んであげましょう。

松勘 剣道防具セット EX-69MJR/EX-69MQ 6mmミシン刺

中学年(3,4年生)におススメなのは、同じ6mmでも使いやすく見栄えの良いタイプです。

先ほど紹介した幼年用の防具とくらべ、しっかりした造りです。

中学年になると少しずつ試合も増えるので、見た目も気を使いはじめましょう。

松勘 剣道防具セット 7mmカンムリ刺実戦型 武州紺反 少年用 

高学年は試合も多くなるので、動きやすい実戦型がおススメです。

カンムリ刺実戦型は、実戦型の防具ですが安全性も考慮されています。

とよクマ

実践型の防具はとても多いですが、布団が薄かったり、短すぎて体を保護できてない防具もあるので、注意してください!

カンムリ刺は松勘独自の技術で、手刺しに近い風合いで仕上げられています。

見た目も大人の防具と変わらないほど高級感があります。

高学年で試合に出る機会が多いのであれば、用意してあげたい防具セットです。

松勘 活人 総人工紺革6mm十字刺 入門 中学生~一般向け 実戦向 防具セット

体の大きい高学年であれば、中学生用の防具を買うのもおススメです。

とよクマ

大人顔負けの体格の高学年は、よく見かけます。

ちなみに、中学生以降は「中学・高校一般向け」と、大人用の枠組みとなります。

無理して小学生のうちまでは…などと考えず、体にあった防具を付けるようにしましょう。

とよクマ

少し値段は良いですが、十字刺しがおススメです。

その名のとおり、十字に縫うので手差し風で付け心地が良く、動きやすいです。

松勘 6mmミシン刺 EX-68M 中学生~一般用 剣道防具セット

中学生でも一般的な6mmのミシン刺し防具で、十分な性能です。

厳しい部活や道場、強豪校でなければ、一般的なミシン刺しで3年間問題なく使えます。

改めてですが、剣道は竹刀で叩きあう競技です。

とよクマ

部活動だからといって、安全とは言えません。

3年間しか使わないし、部活だから一番安い防具で…は、危険です。

きちんと身を守る、安全性の高い防具を用意してあげましょう。

小学生用の剣道の防具を部位別に詳しく解説

防具の部位別の選び方をレポートしています。

個人的にはセットで買うより、単体で買うのがおススメです。

ひとつひとつの部位を納得しながら買う方が賢いです。

とよクマ

小手は高いものを1つより、リーズナブルなタイプを2つの方が良いです。

防具は、最初から一気にすべてを装着しません。

使う時の体の大きさに合わせて入手するのが良いでしょう。

とよクマ

面の装着が最後になると思います。

面(めん)

剣道の面の選び方!小学生におススメの面3選 では、面の基礎知識とおススメの面をご紹介しています。

面を選ぶポイントは、

  • 肩を守る左右の長さがあり
  • 面布団がしっかり詰まっていて
  • 老舗メーカーの品(安心を買う)
  • (できれば)動きやすい、十字かナナメ刺し

ぜひ、ご一読ください。

剣道の面の画像 剣道の面の選び方!【指導者監修】小学生におススメの面3選

小手(甲手)こて

剣道の小手の選び方!小学生用おススメ3選と便利グッズ3選 では、小手の基礎知識とおススメの小手、小手用の便利グッズを紹介しています。

とよクマ

小手は乾かさずに使用すると痛みが速くなるので、必ずスペアを用意しましょう!

小手を選ぶポイントは、

  • 安全性が第一(衝撃吸収力のある布団の厚み)
  • 体に合ったサイズを選ぶ
  • 使い込みなじむまで1ヶ月ぐらいかかる
  • 小学生の小手の値段は高級品でも高くない
  • スペアを買い交互に使用すると傷みにくい
  • ニオイは対策でかなり軽減できる

身を守る防具としての効果を第一に考え、メーカーの品を選ぶのがおススメです。

剣道の小手の画像 剣道の小手の選び方!小学生用おススメ3選と便利グッズ3選【指導者監修】

胴(どう)

剣道の胴の選び方!小学生におススメの胴3選 では、胴の素材から学び小学生に最適な胴をご提案しています。

胴を選ぶポイントは、

  • 小学生未満は軽いファイバー胴
  • 小学生以上で、体がしっかりしてきたらヤマト胴
  • 竹胴は大人用
  • 胴胸は好きなものを選んでOK

サイズが細かくないので、比較的通販でも購入しやすいのが胴の特徴です。

剣道の胴の図 剣道の胴の選び方!【指導者監修】小学生におススメの胴3選

垂(たれ)

剣道の垂の選び方!小学生におススメの垂3選 では、使いやすく付け心地の良い垂を製法とともにご紹介しています。

垂を選ぶポイントは

  • 体へのフィット感が一番重要
  • ピッチ刺しやクロスステッチ(十字刺し)などの製法がおススメ
  • 子ども用のサイズは3種類(メーカーにもよる)
  • 3サイズなので通販で買っても失敗しない

垂は何よりもフィット感を大事にしましょう。

フィット感は主に、垂の製法で決まります。

剣道の垂の選び方!【指導者監修】小学生におススメの垂3選

中古で小学生用の剣道の防具で買う

子どもは体の成長が早いので、長い期間防具を付けられません。

つけられなくなった防具は、

メルカリ  に、よく出品されています。

とよクマ

もしサイズが合えば、ラッキーです。

特にスペアの防具を安くねらいましょう。

剣道の防具の選び方!小学生など入門者向け基礎知識まとめ

防具で一番大事なのは、安全性です。

最近では試合で少しでも動きやすくするために、薄く軽い防具がとても多いです。

そればかりでなく、短い防具も多くなり、ついに規制までできてしまいました。

とよクマ

身を守るための防具が身を守らないという、本末転倒な内容です。

特に小学生は体が成長する大事な時期です。

体も小さいので、ケガがずっと残ってしまう危険性もあります。

とよクマ

大事なお子様の身を守る防御の要と考え、防具を選びましょう。

最後になりますが、この記事をきっかけに、少しでもご満足した防具の購入につながれば、これほどうれしいことはありません。

ほかにも、剣道初心者向けの記事 など書いていますので、ぜひご一読ください。

剣道を習うメリット10選の画像 子供が剣道を習うメリット10選と基本情報【指導者監修】

剣道着と袴の選び方とおススメ7選 も記事にしています。

こちらも合わせて、ご一読ください。

剣道の道着と袴の画像 剣道着と袴【おススメ7選】と選び方【小学生中学生の初心者向け】指導者監修